re-ambi

「できるを明日へ!」地域・利用者様へ、熱い想いを届けるスタッフを募集しています。

Re ambitiousは、こんな職場です!

Ambitiousは、こんなところ

 

 スタッフインタビュー

現場で活躍しているスタッフのインタビューを以下に掲載しています!

スタッフインタビュー

樋口 歩美さん

樋口歩美さん

Q.こちらに入職されたきっかけや当時の様子を教えてください。

higuchi05

 

入職したきっかけは、開設メンバーとして声をかけられたこともありますが、『R-studioのスタッフはこうだ!』と作り上げていくワクワク感や自分を変えるチャンスと思ったからです。

当時は、病院から退院した患者さんは退院後どのように送っているのか分からず、ただ元気にすごしてるんだろうなぁと思っていました。
実際、利用者さんからお話を聞いて、自分が想像していた生活との違いにとても衝撃だったことを今でも覚えています。
そこから、R-studioに来てくれる利用者さんに自分ができることをやろうと思いました。

利用者さんの人数も1枠が1人〜3人と少ない人数でしたが、福島社長や他のスタッフと時間の流れやリスク管理の確認、『利用者さんのため』にどんなサービスをしていこうかなどを話し合って、時には喧嘩したり、涙を流したりしていました。
でも、その時が辛かったか今考えても楽しかったなって思ってます。

Q.現在のお仕事内容を教えてください。

higuchi06

 

・R-studio fitness(総合事業、一般)フロアスタッフ
・利用者さんの送迎
・新規利用者さんの受け入れ、送迎調整
・デイサービス部門(通所介護、総合事業)の管理者

総合事業の対象が、要支援1.2、事業対象者(基本チェックリストの該当者)と比較的ご自分で動ける方のため、介助することはあまりなく、フロアスタッフと利用者さんとの『コミュニケーション』や『気づき』を大切にしています。

会話や運動している様子・歩く姿などから痛みや体調の変化がないか確認することや自宅で困っていることなどを引き出し、理学療法士に相談や運動内容・負荷量の調整を行ながら、利用者さんの今の生活がより楽に動作が行え、より元気に過ごるように努めています。

Q.このお仕事を通じてやりがいや達成感を感じるときはどんなときですか?

今もご利用している方ですが、『あの時あなたが言わなかったら…』と利用者さんの変わる瞬間に自分が携われた時は、とても嬉しくて、もっといろんな利用者さんにも前向きな気持ちにさせたいという意欲が出てきます。

効果や改善は、理学療法士の力が必要ですが、利用者さんとの関わりの中で、『元気もらったよ』や『ありがとう』と声をかけてもらうとやっててよかったって思います。

Q.この仕事を通じて自分が成長したなと感じることはありますか?

higuchi02

『人を見る力』という事に関しては、ちょっとずつ成長しているのかなと思います。

まずは、”利用者さんを見る”

リハ特化型のデイサービスですが、理学療法士だけが利用者さんを見る(診る)のではなく、私たち介護職員もR-studioの利用者さんの身体の動かし方、痛みの原因、リスクなどを、各フロアでのミーティングで情報を共有することやケースカンファレンス、勉強会を通じて利用者さんを見る点を学び、デイサービスを利用している利用者さんの声かけやアドバイスも具体的にできるようになりました。

次に”スタッフを見る”

スタッフの人数が増え、自分もフロア責任者となりましたが、当初は自分だけの考えで周りのスタッフに声をかけるなど、自分本位だったと思います。
なかなかうまくいかなった時に当たり前な事でしたが、『相手の動きを見る・考えなど待つ事』を福島社長にアドバイスをもらい、そこから何度か指導が入りましたが、今も意識しながら仕事をしています。

これからは1ヶ月後、半年後、1年後など、リハセンターR-studio 、R-studio fitnessを考えながら、今この時間、1日を見て行動をしていきたいと思ってます。

Q.山本さんがこれからこちらで実現させたい夢やビジョンはありますか?

ビジョンや夢というものはあまり持っていなく、開設当初から変わらず、利用者さんが『今日は(ここに)来て良かった』や『元気もらえたよ』などをその日1日をハッピーに感じていただけるような関わりをしていきたいと思ってます。

これは、余談かもしれませんが、
ここ何年か夢を見つけなきゃという焦りはありましたが、読んだ本で『夢がなくてもいい、その代わり、人の夢を本気で応援する』というフレーズを見て自分はこれだ!と思いました。

なので、今は福島社長の夢の『日本一』を実現できるように、任された仕事はどんな仕事でもやってやる覚悟はいつも持っています!

Q.この仕事に向いている方や一緒に働きたいと思う人はどういう人ですか?

・人と関わることが好きな人
・身体を動かすことが好きな人
・誰かの為に何かやりたいと思っている人

リハ特化型のデイサービスですが、リハビリテーションだけではなく、利用者の心や声に寄り添い、安心や癒しを感じてもらえるような関わりも大切だと思います。

私は働き方はさまざまだとは思いますが、第1にここを利用している利用者さんの為にを考えられる人と一緒に働きたいなと思ってます。

 

山口 幸三郎さん

山口-幸三郎さん

Q.こちらに入職されたきっかけや当時の様子を教えてください。

yamaguchi02

当時、病院のリハビリから地域に目を向け、在宅では利用者個人に則したもっと現実的なリハビリを提供できると一生懸命に取り組んでいました。そこで福島さんが起業するに当たり地域を学びたいと当時の訪問看護ステーションに非常勤で来てくれて毎日のように帯同しながら自分が今在宅リハビリでできる事を精一杯やっていることを感じてもらいました。

当時は秦野市のセラピストを集めて交流会を催し、色々な方と繋がることが楽しく学びも多かったため、デイサービス企業にあたり誘って頂いたのですが、デイサービスには全く興味がありませんでした。訪問リハビリが自分の一番やりたい事だったのでそれを優先させていました。

3年が過ぎた頃、訪問リハビリを地域の必要な人に必要なだけ届けたいという想いが湧き上がり、自分で企業を考えるまでになりました。しかし自分のやりたいことは何か?を突き詰めると社長業ではなくセラピストと管理者として仕事をしていたいところに行き着きました。そこで出会ってからいつか一緒に働こうと誘って頂いていた福島さんと話語らい、自分のやりたいことをやりつつ、訪問看護ステーションの事業所運営を任せたいと言って頂けました。お互いの価値観とビジョンが同じ方向を向いているなと感じたため訪問看護事業立ち上げという形で一緒に歩ませていただく事になりました。

 

Q.現在のお仕事内容を教えてください。

訪問リハビリ業務と管理運営業務です。また社内ではナンバー2の役割として社員と社長をつなげる役割を担っています。自分は管理者や運営をしていた経験はなく、どうすれば働きやすい職場になるだろう?どうすればスタッフを輝かせてあげることが出来るだろうかと悩みながら毎日四苦八苦しています。

今は訪問業務の件数を少し減らしながら運営管理にウエイトを多く置いています。自分で業務管理と運営管理を行っていた時と比べ、現場の業務管理全般を任せられるナンバー2が育ってきてくれているおかげでチームの雰囲気や訪問業務が円滑に行えています。

運営では関連団体へのあいさつ回りや営業、収支など営業管理、給与管理を行っています。頑張っているスタッフに頑張った分だけ報酬が出せるように数字とにらめっこの日々です。

 

Q.このお仕事を通じてやりがいや達成感を感じるときはどんなときですか?

yamaguchi03

秦野市という地域で必要な人に必要なだけリハビリを届けたい想いで事業を始めたので、利用者さんが訪問R-stationがいてくれてよかったと言ってくれた時が一番うれしいです。

また、自分の想いをスタッフが共感してくれて、自分が介入しているときよりもスタッフが利用者さん第1に頑張ってくれた結果、本人やご家族、ケアマネジャーにありがとうと言ってもらっているときは素敵な仲間に囲まれて仕事ができているなと感じます。

訪問業務は楽しい事ばかりではありません。日々悩むことも多いし、泣いたり、笑ったり、悲しんだり様々な感情が目まぐるしく変化していきます。その中で利用者さんと一緒に感情を共有し、寄り添いながら行えることが一番の醍醐味ともいえると思います。

Q.この仕事を通じて自分が成長したなと感じることはありますか?

開設当初は無我夢中で訪問業務を行っていましたが、スタッフが徐々に増えるなか事業所としての方向性や人間関係、スタッフの悩みや気配りを行うこともが重要だと気付きました。

半年前の自分、1年前の自分と比べた時に事業所全体のことを考え、この先のビジョンを見られるようになり、自分の役割や立場と向き合えるようになったことは成長だなと思います。しかし、まだまだ人間としても未熟な為、人間力を磨きながら、自己成長しつつ、反省をしながら次につながる力を育んでいる最中です。

 

Q.山口所長がこれからこちらで実現させたい夢やビジョンはありますか?

yamaguchi04

訪問R-stationがリハビリテーション・看護を通じて、障がいのある子どもから高齢者まで、利用者さんとその家族を含め生活を支えることが出来るようになりたいです。

ご利用者さんから必要と求められ、地域で一番信頼、信用してもらえる事業所を目指しています。

セラピストや看護師は他者優先で献身的に仕事をすることが多い印象があります。自分の考えですが、仕事をする上で自分に余裕がないと人にやさしくできないと思っています。スタッフも十人十色です。個々のやりがいや役割を見つけ、常勤は常勤なりの仕事、パートは自分の働ける範囲で働いてもらい、自分や家族を大事にしながら出来るだけ永くこの職場に居たいと思えるような職場環境つくりを心懸けています。

その仲間が増え、支えられる地域が増え、求められるものに応じることが出来るように体制つくりをしていきたいです。

Q.この仕事に向いている方や一緒に働きたいと思う人はどういう人ですか?

訪問リハビリテーション・看護は【志】だと考えています。何事も利用者さんを中心に物事を考え、精神的にも身体的にも支えられる人と一緒に働きたいです。

訪問R-stationの想いを共有してくれる仲間が増えることで、より多くの方の在宅生活支えることができます。

『できるを明日へ!』つなげていけるような仲間にめぐり会いたいです。

 
 

山本 由希子さん

山本-由希子さん

Q.こちらに入職されたきっかけや当時の様子を教えてください。

yamamoto02

病棟勤務を5年経験し、結婚を機に退職、子育てにも少し余裕が出きてきた頃に保健師の仕事を始めていましたが、いずれもう一度看護の仕事に就きたいと思っていました。 忙しく時間に追われた病棟勤務時代にやり残した思いがずっとあったからです。臨床から離れている間に色々な経験をして、今の自分だからできること、みつけられることがあるのではないかと感じていました。下の子が小学校に上がり、近場で昼間の時間を使い仕事を増やしたい、看護師の仕事がしたいと、自分の生活スタイルを生かせるこの職場を選びました。スタッフの方々の細やかな配慮をいただき、10年というブランクも恐れずに初めての訪問看護をスタートすることができました。訪問看護を始めて1年弱、地域看護の経験が浅いという不安はありますが、心強い存在である寛容な先輩ナース達に支えていただき、温かい言葉をかけてもらい前向きに仕事に取り組めています。ダブルワークであることや家庭のことをスタッフ皆さんに気遣ってもらえとてもありがたいです。今は子どもの下校時間までの勤務にさせていただいているので、時間にゆとりを持って子ども達と接することもできています。「お仕事頑張ってるね。」と家事を手伝ってくれたり、一日の出来事を話したり、その時間が私の活力になっています。

Q.現在のお仕事内容を教えてください。

週3回、1日2件ほどの訪問看護に入っています。時間に融通を利かせてもらえ、学

校行事やPTA行事の際には、訪問の調整をかけていただけるので、無理なく働くことができています。 訪問時は、体調の変化等を伺い、PT、STより伝達されたリハビリ内容や、歩行練習を行ったり、足浴や入浴等保清の介助をしています。独居の利用者様も多いので、リラクゼーションも意識してリンパマッサージを行いながらコミュニケーションをとったり、その方に合った栄養のとりかたや、環境調整等を一緒に考えたりしています。在宅は、限られた共同の空間である病院とは異なり、個別性が強く、利用者様の持つ力をいかしながら、安心して日常生活を過ごす場であるので、そのために必要なものは何か、多職種と連携をとり、タイムリーに情報を共有することにも努めています。いつもそばで過ごされ状況を一番よく把握しているご家族の思いや考えもとても貴重だと実感します。利用者様、ご家族、周りを取り巻く環境、広く目を向けるようにも心がけています。リハビリの進め方に戸惑うときなどは、PTやSTに同行訪問してもらい、必要な対応やリハビリ内容を話し合っています。逆に、PT介入の利用者様の体調変化時に、緊急で訪問をしたり電話で応対しています。利用者様ご本人の思いを大切に、日々の訪問に臨んでいます。また、週1回、勉強会の時間があり、伝達講習や、講義内容の希望も出せるなど安心して働いています。看護ミーティングも週1回あり、パートである私もいろいろな状況や情報を把握しやすく、また、疑問点や不安点を話し合う貴重な機会となっています。

 

Q.このお仕事を通じてやりがいや達成感を感じるときはどんなときですか?

yamamoto03

利用者様の生活の場に入っていくこと、1対1でゆっくりと関わることで、利用者様が持つ疾患のみならず、食べ物の好みから、今まで生きてきた経緯、考え方、物の捉え方を知ることができ、その方一人をじっくり考え、その方にあった生活の送り方を共に考え、必要なことを実施していく、その先に笑顔があること、「体が楽になった、できることが増えた、自信がついた」と話してもらえること、素直にとても嬉しく、帰り道、心が軽くなります。

Q.この仕事を通じて自分が成長したなと感じることはありますか?

目に見える結果や、そのために看護師としてどう動くべきか、ではなく、利用者様本人のその時の思いや生活を大切にしたいと思えるようになりました。一進一退しながらでも、急がず、まず寄り添うこと、病気だけではなく、その方をみられるようになりました。

Q.山本さんがこれからこちらで実現させたい夢やビジョンはありますか?

入職してまだ1年未満、今はブランクを埋めていくことや訪問看護に必要な知識や多職種との関わりを身に着けることなど、目の前にあることにしっかり向き合って経験を積んでいきたいです。

それを積み重ね、訪問R-stationにとって力になる看護師となれたらと思います。

Q.この仕事に向いている方や一緒に働きたいと思う人はどういう人ですか?

yamamoto04

誰かのために一生懸命になれる人、誰かの笑顔が自分の喜びと感じられる人だと思います。

そして、物事を前向きに捉えられる人。人と接する仕事だからこその困難もあるかと思いますが、前を向いて歩いていける人は、地域で暮らす利用者様の力を引き出せると思います。

結婚、出産後、家族優先で自分は後回しだった私を、家族が応援してくれ、そして、ここのスタッフの方々が支えてくださり、まずやってみることに躊躇したり、失敗を恐れたりせず、家庭から出て社会の中でのびのびと自分の力を試すことができています。

 子供の成長を楽しみながら、もう一度看護師として働きたい、と思っている方、一歩踏み出してみるのに恵まれた環境だと思います。

松本裕輝さん

松本裕輝さん

 Q.こちらに入職されたきっかけや当時の様子を教えてください。

matsu02

入職を決意した一番のきっかけは、学生時代に参加した「起業セミナー」で福島社長と出会えたことです。
その起業セミナーで初めて福島社長に出会い、誰に対しても真っ直ぐ人と向き合い、みんなを輝かせることに一生懸命な人柄に触れ、自然とこの人のもとで働きたいという想いが芽生えました。
そして、最終的な決断をする前に一度施設を見学させてもらい、将来を見据えた上でこの場所で働くことが自分自身の成長に繋がると感じ、入職を決意しました。
当時を振り返ると、利益を優先するわけではなく、とにかく「目の前の人を大事にする」という株式会社Re ambitiousの組織風土に感化する部分もあったように思います。
超少子高齢化という時代を迎えている中で、利用者様やその人を支えている周りの家族のために、地域のために、そして日本のために、今現在「秦野」という地域で高齢者の人に対して何をすべきなのか。
そして、目の前の「人」のために自分達は何をすることが1番ベストなのか。
そのことだけを真剣に考え、「答えのない道」を突き進んでる福島社長を始め、株式会社 Re ambitiousという組織に出会えたことは今後の自分の人生にとっても、ものすごい大きな意味を持つような気がしています。
今現在、このような環境で下積み時代を過ごせている自分は本当に幸せものです。

Q.現在のお仕事内容を教えてください。

主に、理学療法、フロアの管理・マネージメント、子ども向けのスポーツ運動教室(忍者ナイン)を通して、子どもや高齢者の健康作りを支援する仕事をしています。
理学療法士というと通常1対1でリハビリを実施するイメージが強いかと思いますが、「介護保険制度」の本質・目的を考えた中で、私たちはあくまで「自立」を促す必要があり、1対1の治療には決して固執していません。
「目の前の人にとって、私たちが本当にすべきことは何なのか。」
1対1のリハビリだけが目の前の人の幸せに繋がるとは限らない中で、その人に関わる周りのみんなで「答えのない答え」を一緒に見つけていくこと。
そして、そのサポートをすることが自分達の仕事だと思って、日々の業務に取り組んでいます。

Q.このお仕事を通じてやりがいや達成感を感じるときはどんなときですか?

株式会社Re ambitiousの理念の中にもありますが、「できるを明日へ」繋げた瞬間に利用者様や親御さんからいただく感謝の気持ち。
そして、何よりその笑顔を見れることが自分のやりがいのひとつにあります
また、1人ではなくチームで課題に向き合い、達成する喜びを感じれることは、自分にとってものすごい大きなやりがいに繋がっているように感じます。
オリンピックのように「金メダル」という明確な「ゴール」は自分達の業界にはありませんが、チームで何かを成し遂げたり、成長を感じながら形のない「ゴール」にみんなで向かっていけることは、この上ない喜びです。

Q.この仕事を通じて自分が成長したなと感じることはありますか?

matsu04

自分の成長だけではなく、組織・チームの成長も考えれるようになったところです。
ベクトルを他の人に向ける事が、少しずつできるようになってきたかなと感じます。
今までは自分の成長のことだけしか、正直考えていませんでした。
自分が成長するためには、どのように24時間を使えばいいのか。
そして、今の自分には何が必要で、何を今すべきなのか。
そんなことばかりをずっと考えていました。
自分の成長が結果的に、いつかチームのためになると思っていたからです。
しかし、あるとき同じ部門のスタッフが成長して褒められていたときに、自分の成長以上にすごく大きな喜びを覚え、そのときに初めて自分も「人」として成長できたのかなって、少しだけ思えました。
自分が思い描く理想のチームとしての形が見えたのも、自分にとっての成長の一つと言ってもいいかもしれません。
今は自分の成長以上に、同じチーム・組織の中の「誰か」が成長するためのビジョンや戦略をもっと鮮明に描けたらなと思っています。

Q.松本さんがこれからこちらで実現させたい夢やビジョンはありますか?

matsu03

ここで描いている夢は、「R-studio」を日本一のサービスを提供できる通所介護施設にすることです。
自分の好きな言葉の一つに、「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える」という言葉があります。江戸幕府の初代征夷大将軍 徳川家康の言葉です。
その言葉のように、単純に良いものを追求して行った先に、1人でも多くの人を幸せにしていきたいと考えています。
また、子ども向けの教育支援予防活動(スポーツ教室)を通じて、50年後、60年後の健康作りにも視野を広げ、地域の子どもから高齢者まで、すべての人の健康作りに関わっていければと思っています。

Q.この仕事に向いている方や一緒に働きたいと思う人はどういう人ですか?

適当にお金を稼いで仕事をするのではなく、やりがいを持って仕事をしたいと感じている人。
そして、誰かから感謝される人生を歩みたい人は、この仕事に向いていると思います。
チームの雰囲気を大事にしながら、誰かの為に何かをしたいという”思いやり”を持った人と一緒に働きたいです。

スタッフアンケート

どうして当施設を選んだのですか?

170955

  • 知人がいる職場で安心感があり、明るく、楽しそうなイメージがあったため
  • 就職活動をする際、尊敬する方々が多いため
  • 最も自己成長に繋がる場所だと感じたため
  • 自分のやりたい事(在宅でのリハビリ)が目の前にあったため
  • 新たな職種の仕事を始めたかったため
  • 子供がいるので、夜勤無し土日休みに魅力を感じたため
  • 知人が施設の状況を話した。看護の質を高める事が可能と考えて、入職を希望しました。そして看護の質を高めるためでもありました。
  • 福島社長から声をかけてもらいました。
  • 地域で担う役割として様々な考え方でアプローチできると思ったため
  • 自宅から近く、訪問看護に興味があったため
  • 社長の夢を一緒に追いかけたいと思ったから
  • 地域で生活される方たちに寄り添う思いが強いところに惹かれたから
  • 当時訪問看護ステーションにリハ専門職は少なく、リハビリを必要な方に必要なだけサービスが提供できるようにしたいと考えていました。その想いを具現化できるように一緒に事業所をつくろうと誘ってもらい今に至ります。

入職の決め手は何ですか?

475564

  • 上司・社長の包容力、人柄と未来予想図
  • 自分が成長できると思ったから
  • スタッフ、利用者の雰囲気
  • 面接時社内の雰囲気がとても良かったから
  • 面接の時に社長から「一緒に頑張りましょう!」と言われた事。
  • 駅から近い、上司の人柄
  • 仕事の内容がやりたいことと一致したため
  • 今の自分のライフスタイルに合っていたのと、スタッフ方々のの人柄
  • 雰囲気の良さ
  • 体調や受診に合わせて、周りのスタッフがフォローしてくれるため
  • パート勤務でお休みの融通がきいてもらえるため
  • 専門職の人がその仕事で力を発揮できるようにサポートしていきたいと思ったから
  • 自分の想いを具現化できると思ったから

当施設に入職して成長できたことは何ですか?

294558

  • 目標に向けての自己研鑽をより意識するようになりました。
  • 仕事や人との向き合い方、そして人としても成長でき、資格を取得する事が出来ました。
  • 担当者会議にも参加させてもらい、利用者さんひとりひとりと向き合えるようになりました
  • コミュニケーション能力の向上
  • 日々行っている事の結果、成果を時間をかけて待つことができるようになりました。
  • 人間性や仕事に対しての志、また機能面から生活、家族背景、環境面に対してのリハビリの基本から考え方
  • 新たなことに挑戦することで、考え方や行動の幅広さが変わりました。
  • 訪問看護のしくみや多職種との連携の大切さがわかったこと。
  • 退院後の生活等、生活状況を詳しく理解でき、その方々、御家族へ寄り添えるようになりました。
  • 自分の想いを共有してくれるスタッフを育てられていることです。
  • 利用者様の目標や希望が叶えられるよう少しずつではあるが自分自身も勉強するようになりました。

他人に当施設のことを説明するときにどのように説明しますか?

489266

  • 職員みんなが向いている方向性が同じなので安心感がありながらも、決して窮屈ではなく、自身のカラーを出せる自由度がある。
  • 秦野で、1番のステーション
  • ”自分”というものをしっかり見守ってくれて、輝かせてくれる場所
  • 『出来るを明日へ』をテーマに職種関係なく利用者に向き合っている職場。安心して運動が出来る場所。
  • 自分の成長を応援してくれる仲間のいる職場。
  • リハビリ特化のデイサービス、地域に貢献でき、様々なことに挑戦できる施設日中対応の訪問リハビリ、看護ステーションです。
  • やる気のあるスタッフばかりで雰囲気が良く、スタッフも一人一人目標を持って、成長できる施設と説明します
  • 半日型のデイサービスで、利用者さんとの関わりや生活、社会参加に基づいた運動指導を行いながら、地域に貢献する施設。
  • セラピストが、多くいる中での訪問看護です。一人の利用者さんに対していろいろな視点からアプローチでき、看護の面でもやりがいがある所です。
  • とにかく地域、利用者様への想いが温かく、スタッフも最高です!!

当施設に入ってからしか得られない経験は何ですか?

941400

  • 本人、家族やケアマネ、スタッフ、多職種がチームになって一人の利用者に向き合うこと。楽しさ、苦労も含めてチームとして働く実感
  • セラピストの方から、関節の病気の事や対応の仕方など日々勉強させてもらえる若いスタッフが多く、自分が成長するための刺激になります。
  • 様々な職種、施設との繋がりが持てることを活用し、リハビリの効果を看護に生かしていきます。
  • チーム力、一人一人に尊敬できるもの
  • 自己啓発を行いながら、自身に役割とやりがいを実感することができながら働けるところ。
  • 利用者様が良くなった姿、『ここに来て良かった』と言ってもらえる笑顔が見れること
  • 小児から高齢まで幅広く地域に根差した関わりができる
  • スタッフ同士が助け合えるチームワークの良い職場

出身地はどこですか?

Reambitious

神奈川県・神奈川県横浜市 (3)・神奈川県秦野市 (3)・神奈川県南足柄市 (2)、群馬県明和町・群馬県前橋市、東京都町田市、福島県、新潟県、栃木県、青森県南津軽郡田舎館村

募集要項

介護職

介護職

業務内容 介護職(正・パ)※未経験可
給与

【正】月給180,000円~ ※一律手当含む

【パ】時給1,000円~ 

勤務時間 8:00~17:00 【パ】週1日~、1日3h~
休日 土曜、日曜
資格等 要普通免許
制度・待遇

食事手当、住宅手当、扶養手当、昇給、

昇格あり、交通費規定支給、外部研修制度

勤務地 渋沢駅 徒歩1分
応募方法

応募フォームよりご連絡ください。

またまずはお気軽にお電話ください。

看護職(正・准不問)

看護職(正・准不問)

業務内容 訪問看護師(正・准不問)
給与

【正】月給270,000円~ ※一律手当含む

【パ】時給1,500円~ 

勤務時間 8:00~17:00 【パ】週1日~、1日3h~
休日 土曜、日曜
資格等 要普通免許
制度・待遇

食事手当、住宅手当、扶養手当、昇給、

昇格あり、交通費規定支給、外部研修制度

勤務地 渋沢駅 徒歩1分
応募方法

応募フォームよりご連絡ください。

またまずはお気軽にお電話ください。

リハビリ職

リハビリ職

業務内容 理学療法士・作業療法士(正・パ)
給与

【正】月給270,000円~ ※一律手当含む

【パ】時給1,500円~ 

勤務時間 8:00~17:00 【パ】週1日~、1日3h~
休日 土曜、日曜
資格等 要普通免許
制度・待遇

食事手当、住宅手当、扶養手当、昇給、

昇格あり、交通費規定支給、外部研修制度

勤務地 渋沢駅 徒歩1分
応募方法

応募フォームよりご連絡ください。

またまずはお気軽にお電話ください。