catch-img

医療機関もGoogleマイビジネスを活用しよう

Googleマイビジネスの登録はお済みでしょうか?

もし、未だの場合は、ぜひ、下記のコンテンツをご活用いただき、まずは登録をしていきましょう。

Googleで医院名を検索すると出てくる場所


まずはGoogleでみなさんの医院名で検索してみてください。パソコンで検索すると検索結果の右側に図のようなパネルが出てきます。この場所のことをナレッジパネルと言います。Google上に出てきますので、ほとんどの方がオフィシャルサイトにジャンプする前に目につく場所ですので、この部分を活用しない手はありません。

Googleマイビジネスに登録をすることで、この場所の情報を編集することができます。

Googleマイビジネスの登録方法

登録には、まずGoogleにて自院名(例 かわむらクリニック)で検索をします。

上図の「ナレッジパネル」内にその中に「このビジネスのオーナーですか?」というリンク部分があるので、これをクリックし、電話やはがきなどでオーナーであることの証明ができれば、登録が完了します。

あるいは、スマートフォンのアプリで「Googleマイビジネス」を入手して、そこから登録することができます。開業前だったり、ナレッジパネルがない場合は、下記のGoogleマイビジネスのサイトから、またはスマートフォンのアプリから登録することができます。

Googleマイビジネスサイト

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

登録すると口コミ対策もできる

Googleマイビジネスに登録することで情報のブラッシュアップだけでなく、Google上の口コミに返信できるようになるというメリットもあります。

GoogleMapには、利用者などが口コミを投稿できる窓口がありますが、口コミにはよい評価だけでなく、悪い評価も投稿されるのでデメリットになるケースも考えられます。Googleマイビジネスに登録することで、口コミに返信することが可能になります。口コミへの返信はMEO対策の一助になるとも言われていますので、口コミに対して、丁寧に返信していくことで、口コミを閲覧している方への信頼度も高まり、一石二鳥の対策といえます。

お知らせも投稿できる


Googleマイビジネスを有効活用するとお知らせの投稿もできます。上図のように、例えば求人の情報を掲載することもできます。絶大な効果が期待できるというわけではありませんが、いろんな方が見ている場所ですので、少しでも情報提供できることがあればどんどん活用していきましょう。マスコミの方がこのお知らせ部分を見て、取材を申し込んだというケースもありました。活用できる場所はしっかり活用していくということがセオリーです。

意外と見られているナレッジパネル

Googleマイビジネスに登録すると、Google上でどのように表示されているかの情報を管理画面から閲覧することができます。



上図は、あるクリニックのマイビジネスのアプリに表示される情報を表示しています。

ナレッジパネル等を通じて、ウェブサイトにどれくらいの人がクリックしたか、電話のボタンをどれくらい押したか、登録している写真をどれくらいの人が見たのか、Googleマップを使って道案内で辿り着こうとしている人がどれくらい居たのかがわかるようになっています。このクリニックは未だ、開院して間もないクリニックの数字ですが、私の印象ではGoogle上の表示が結構活用されているのではないかと見える数字です。

Googleマイビジネスの登録代行サービスを行っています。

Googleマイビジネスはご自身でも登録が可能ですが、登録方法に不安があるという方はぜひ弊社の登録代行サービスをご活用ください。

登録代行サービスのご案内資料

サービスのお申込みはこちら

※Googleマイビジネス登録代行をご選択ください。



医院ホームページ作成の教科書