医院ホームページと印刷物

医院の知名度を高めるということでは、ホームページ以外にも、たくさんの種類があります。

開院前に内覧会のお知らせをチラシで告知したり、自費をやっている医院でしたら、テレビなどでCMをうったりということでしょうか。

私たちは医院のホームページをサービス提供の商品としてきましたが、そろそろ印刷媒体も含めた、総合的なプロモーションサービスのパッケージを考えていく必要があるかもしれません。

ワンストップで全ての広告を依頼できるという時代から、ネットの時代になり、発注などが簡便化された結果、いろいろなものをいろいろなところから集めて、自院の戦略に合わせて組み合わせるという時代になっていくと思っていますが、ドクターの日々の限られた時間の中で組み合わせる時間もままならないということはあると想います。

私は、インターネットの世界に生きる住人なので、時間がない方ほど、ネットを活用して、より自院にあった戦略を細かく立てていくという方向が良いと思っています。しかし、まだまだインフラがそこまで簡便ではありませんので、今そうできるかといえば「否」ですが、本当に近い将来はそのようになっていくのは見えています。

Wevery!はまだまだ進化の途中ですが、方向性としては、いろいろなインフラと組み合わせやすく、そして、サービスの幅も広くありたいと思っています。

河村伸哉

河村伸哉

東北大学法学部卒業後、フリーランスの期間を経て、大手飲料メーカーや通信系システム会社等のウェブサイト作成を経験。 現在、メディキャスト株式会社にて、医療機関のマーケティングを担当。 13年間で800件以上のウェブサイトをブロデュースし、確実に増患に導いたマーケティングプロデューサー 開業前に予約が殺到した心療内科や、強豪ひしめく地域で毎月3000名の新患獲得を達成しているレディースクリニック、100キロ離れた場所からわざわざ患者が通ってくる一般耳鼻科など、診療科目別の増患ノウハウを確立させ、ドクターの強みを地域住民に訴求させ確実に増患に導いている。 日本でも数少ない医療機関のマーケティングに強みを持ったウェブプロデューサー。

医院ホームページ作成の教科書